ブログ

ドラマー兼パーカッショニストとしてのマインド

皆さん、初めまして!

昨年末よりDrummer’s School埼玉エリア講師に就任いたしました、辰巳浩之です!

ドラム教室…大宮、所沢、新所沢

カホン教室…大宮、所沢、新所沢

上記エリアを担当させて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します!

今日は僕のドラマー兼パーカッショニストとしてのマインドを皆さんにお伝え出来ればと思います!

参考にしてもらえれば大変嬉しいです(?>?<?)

“挑戦し続ける”と、言う事

今年2020年の僕が自分に課したミッションは”挑戦し続ける”と、言う事。

その中で特に意識したのは、バンドの中でボーカル(その他メイン楽器)の気持ちが誰より理解できるようになる為の挑戦です。

ドラマーって、バンドを支える重要なポジションじゃないですか!

その為に皆さんもいろんな工夫をしていると思います。

僕が選んだ方法は、支えられる立場になってみて、どう支えて欲しいかを考える。

と、言う事なんです。

ですので、今年1月26日を皮切りに3ヶ月毎に自分がメインとなる”ドラムソロライブ”を開催しております。

毎回ゲストをお呼びして、そのゲストに支えられながら、ドラムをメロディ楽器の様な立場に持っていき、まさに…

“ゲストミュージシャンに支えて貰う”事で、

“支えられる側の努力を理解する事”と、

“どう支えて欲しいのかを理解する”挑戦を始めました!

既に第1回を先日行い、とてつもなく大きな経験を頂きました!

僕にとっての大きな自信に繋がる企画でした!

大変だったけど、やってよかった〜♪(?????)♪

僕は学生時代に学校のクラブ活動でドラムをやっていましたが、大学卒業後スティックを置き普通に就職していました。しかし28歳から再度ドラムを叩き始めて今に至ります。

もう12年(´?ω?`)

もう一度やり始めた理由は神戸出身の僕が中学時代に起きた阪神大震災の被災中に経験した出来事でした。

長くなるので、この出来事は次の機会でご紹介しますね!

辰巳浩之 ライブ告知

出来ない事に挑戦して出来る様になる

本題に戻りますと、
最初は全然叩けなくなっててどうしよかって悩み抜きました。

しかし、素晴らしい師匠と出会い、師匠の元で修行を重ねて今に至ります。

遅く始めたからこそ、いろんな工夫をする方法を見つけました。

その中の一つが、出来ない事に挑戦して出来る様になる。と言う事。

常にポジティブでいる事。

明るく前向きにドラムと向き合う。

つまりドラムとお友達になる事。

これを基本において、皆さんにもどんどん挑戦して欲しいです。

その為のお手伝いが出来ればと思っています!

今から始めてもなぁ〜

そんな事はありません!

今から始めた意味があるのです!

僕と一緒に楽しいドラマーライフを送っていきましょう!

記事を執筆したDrummer’s Schoolについて

  • ドラムの楽しさと技術を
  • 音楽の知識と経験を

Drummer’s SchoolはLiveArt音楽教室の前身のドラム教室です。

そろそろ10年経つ頃です。

そして2019年にLiveArt音楽教室を立ち上げました。

どちらの教室からでも問い合わせ大歓迎です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料体験レッスン
ページ上部へ戻る